スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸市職員のPC転売詐欺、損害は7千万円以上(産経新聞)

 神戸市環境局の男性職員(32)が公費でパソコンを購入、転売していた問題で、職員が市に7千万円以上の損害を与えていたことが21日、市の調査で分かった。市は同日、職員を詐欺罪などで兵庫県警に告訴した。

 神戸市によると、職員は平成18年5月~今年4月、偽造した伝票を使いノートパソコン145台や商品券767万円分を購入し、転売を繰り返した。また納入業者の関連会社名義で約2300万円を市に架空請求するなどし、市の被害総額は約7300万円を超えるという。

 職員は調査に対し、「得た金は遊興費や借金の返済に充てた」と話しているという。市環境局は「市民の信頼が大前提なのに根底から覆す出来事。どう説明していいのか言葉がない」と話している。

【関連記事】
入り口はソフトでも「闇金だけには手を出すな」
便座440台詐取した男を逮捕 転売目的か
宝塚チケットなど高値転売5人逮捕
PC200台を詐取 アクシオ元社員を逮捕 警視庁
「富士ソフト」元社員を背任で逮捕 社名でPC仕入れ転売

割安補修で遊び場確保を=遊具事故防止に事例集―消費者庁(時事通信)
<武蔵村山市長選>元市企画財政部長の藤野氏が初当選 東京(毎日新聞)
学校の石綿、公務災害認定=全国初、死亡教諭に―滋賀(時事通信)
花びらが多いシクラメン=遺伝子操作で開発-産総研など
口蹄疫被害の中小企業支援=経産省(時事通信)
スポンサーサイト

町村会元幹部2人に有罪=官官接待「許容できない」-福岡地裁(時事通信)

 福岡県町村会から架空請求で現金を詐取したとして、詐欺罪に問われた元事務局次長田中剛佑(70)、元参事天野敏哉(49)両被告に対し、福岡地裁は14日、それぞれ懲役3年、執行猶予4年(いずれも求刑懲役3年)の判決を言い渡した。
 杉本正則裁判官は動機について、前副知事中島孝之被告(68)=収賄罪で起訴=ら県幹部への接待費用をつくるためだったと認定。「地方自治体の裁量権が接待でゆがめられ、その資金に公金が使われることは許されない」と非難した。
 判決によると、両被告は2006~07年、業者にコピー用紙を発注したように装って、町村会や同会が事務を兼ねる県市町村振興協会から現金計287万円をだまし取った。 

【関連ニュース】
共済会から4500万詐取か=電源開発子会社元幹部を逮捕
全日空商事元社員ら逮捕=架空取引で詐欺容疑
「3年半で30億超詐取」=振り込めメンバー供述
郵便局から融資金詐取=弟装い計2460万か
パソコン200台詐取=容疑で元IT社員逮捕

菅財務相、子ども手当現物給付に理解(産経新聞)
皇后さま、赤十字大会に(産経新聞)
「3年半で30億超詐取」=振り込めメンバー供述-ナンバー2逮捕・警視庁(時事通信)
日米地位協定に「環境条項」=沖縄配慮、改定提起へ(時事通信)
<野党>終盤国会での「政治とカネ」追及で一致 5党幹事長(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。