スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメゆかりの地、冊子で紹介=観光客を呼び込み-東京都(時事通信)

 東京都は、国内外から観光客を呼び込もうと、アニメにゆかりが深い施設や地域を紹介する冊子づくりの支援を検討している。日本語や英語のほか、中国語版や韓国語版も視野に入れる。都は来年度、アニメ関連の業界団体に作成費用を補助する考えだ。
 日本のアニメは海外でも人気があり、アニメ関連の店舗が集まる秋葉原には、外国人を含め多くの観光客が訪れる。
 都内では、宮崎駿氏が館主を務める「三鷹の森ジブリ美術館」(三鷹市)も有名。調布市には「ゲゲゲの鬼太郎」の作者水木しげる氏が住み、妖怪のモニュメントが並ぶ商店街がある。
 都内が舞台となっている漫画で、アニメ化された「こちら葛飾区亀有公園前派出所」も広く知られている。ただ、こうした情報をまとめ翻訳した資料が少ないため、冊子づくりが持ち上がった。完成後は、日本文化を紹介する海外のイベントで配布し、PRに使う考え。冊子には、キャラクターを登場させるほか、施設や地域を巡るルートを示した地図を盛り込むことなどを想定している。 

【関連ニュース】
京の伝統、欧州に紹介=輸出で活気を
地上波の日本ドラマ解禁に前向き=韓国文化相
野口さん、きぼうで初実験=「宇宙庭」に水
「文化をばかにしている」=歌丸師匠、芸術費削減に立腹
タイ付近から北上、東進か=数万年前のアジア人類移動

カジュアルまろ
ウルドゥー語で日本のニュースを読む
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
現金化
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。